2012年07月11日

オポノポノとランドセル激安

ひさしぶりにランドセル激安とゆう題材にてここにしたためることとする。
ランドセル激安というからには、激しく安いというファクトに相違ないのだから、その一点につき思考を進めるものとしたい。
その前にだ、オポノポノというのは御存知であろうか?そう、ハワイの秘法である。
お知りになられている御仁も多かろうと推察するが、そのオポノポノに拙者はあろうことかめっちゃ惹かれた。それもそのはず、シンプルかつアンビリーバボなそのドグマがよい。
ハワイでは昔から集団でオポノポノをされたようであるが、某有名な博士が個人レベルで簡易に応用することを編み出し、それを世界レベルに展開し、ご本人もまた奇跡的なことを次々と起こしているというからたまげたもんだ。
では、そのオポノポノとランドセル激安というものの相関関係が重大事であり、紐解いてみようか。
たまたま貧相なご老女が貧しさゆえに、孫に買ってあげたいランドセルの激安もんをエラク探していたそうな。
ところがどっこいしょ、見当たらない。それもちょっとブランド系といいましょうか、フェリーデエマイユというメイカーのそれは、なかなかハバダカなもんで安く入手すること自体、無理な話であった。
そこから奇跡的なオポノポノとの相関に入るのであるが、そのご老女、オポノポノを実践してみたとさ。
そうしたところアラま不可思議。たまたまバスを待つ停留所で向かい合わせた女の子から、MIWAというショップの存在を知ることとなる。それは摩訶不思議といえようぞい。
ランドセル激安のMIWA。それがご老女を救う結末に展開するショップ名である。
実に激安。おそらくはフェリーデエマイユを購入するなら、間違いなく日本一安価かもです。
・・・今宵は梅雨も明けそうなもん。余談ですた。
posted by みわこ at 20:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

ランドセルにて泳いでみっか?

ふぇ?ランドセルにて泳ぐってか?そぉんなバナナことありまっか?背負ってでそー?まんずあり得ないべぇ。
一体、水んなかって浮力あるけどさ、さすがにランドセルを担いでの水泳ってのは聴いたことないもんね。ただ事の重大さ加減を知る限りだ、そういうケ〜スでの水泳ってのもあって然るべきであって、だからこそオリンピックなんぞで、ランドセル競泳なんてのができるとサゾ面白いことこの上ないべ?
ただランドセルのその中にナニを入れるん?てのが疑問として現れ、参上しかねん。それだったらイッソ、ランドセルを鉄か合金で造っちゃって、めっさ重くしたらば妻も子もびっくら仰天違いなし(笑)。
んでもさ、ランドセルがいかに激安っていっても壱万円を切ることはないだろーとタカを括っていたら超びっくりぃ。9千円とかってこの世にはあるもんだねぇ。しかしだ、結論から申せばノーブランドっぽいのをわざわざ選んで安かったのよーっと言っても誰も喜ばれないどころか、イジメの対象になってはかなわぬ。その恐怖に較べればすこーしくらい激安でなくたっていいもんで、ランドセルはヤパーリ考えるに6年間も使うもんだからさ、丈夫でそれなりのコーヒンシツなもんであるべきであって、だからこそフェリーデエマイユとかぁ、Pee&Powとかぁ、高級感あふるるランドセルが望ましいことは言うまでもナッシング。
んでもって、魑魅魍魎とした世間体を保つこともできるし、ちょーランドセルも嬉しいわけで、まさかと思ふけど競泳もできちゃうかもしれない。ってわたしだけぇ?えーーー。
◎ランドセルに惚れこんでもう長いワタクシ・・・
◎だからナニヨ?
posted by みわこ at 15:56| 激安ランドセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

ランドセルの語源って?幕末に?

ふとランドセルの語源が気になったモンだから、リサ〜チしてみたぞい。

どうやらランドセルの語源は、オランダ語の『ransel(ランセル)』っつーのがソレっぽい。トウショは其の「ランセル」というオランダ語をそのまま使っていたみたい。
ランセルを直訳すると〜背嚢(はいのう)なるコトバになって、つまぁり背に負う方形のカバンのことのようでござる。我がニッポンにランドセルが入ってきたのはなぁんと幕末というのでビックリ仰天。(そんな頃からランドセルってあったのネ)んで、この「ランセル〜」が「ランドセル」に変貌(いわゆるこ〜した変化する言葉てのあるよねぇ)して、日本に定着したという顛末。

そうして児童用とゆうことで学用品などを入れる鞄として使われはじめたシダイでござるが、なんとも最初に現在のよ〜なランドセルの使い方をした御仁は大正天皇というんでコレマタ驚き桃の木。
トキは明治20年(1887)というからもぅ120年以上もむかぁしのオハナシ。当時の内閣総理大臣であられた伊藤博文が大正天皇の学習院初等科入学を祝して、特注!のランドセルを献上したことがキッカケだったっぽい。

庶民にフキュウするのは、そのランドセルの原型誕生から10年ほど経ってからのようだ。いやいや、かなぁり昔々の時代つぅわけだ、どのみち。大したもんだぁ。
posted by みわこ at 10:31| 激安ランドセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。